有機物理化学研究室

ギャラリー#27

東日本大震災被害状況と復旧状況(その1)

 地震時、学生居室の棚や廊下のボンベが揺れまくっていましたが

幸いにして研究室のメンバーは全員怪我もなく無事でした。

「学生居室」(実験時以外、学生が在席する部屋です)

P1010469[1] DSCF1138            

地震で書類が散乱していましたが、現在では元以上に整理整頓されています。

DSC_1723

余震に備えて棚の高いところに本や書類を置かないように注意しております。

「セミナー室」(地震時、会議が行われていました)

P1010257[1]            DSCF1136

地震で戸棚のコップが割れてしまいましたが、現在ではガスも復旧しております。

「光学測定室」(吸収計や蛍光計といった箱物の実験装置がある部屋です)

P1010285[1]  DSC_1715

「地震直後」              「β-ナフトールの吸収を測定中(学生実験準備)」

吸収計も問題なく使用できることが確認されました。(蛍光計も無事です)

P1010286[1]       DSC_1712

顕微鏡も落ちずに済みました。     学生実験の準備・練習をしています。

「試料室」(試料調製を行う部屋です)

P1010261[1]   DSC_1718

割れた遮光瓶の破片がありましたが、大部分の器具は無事でした。

DSC_1724

復旧作業を終え、いつもの研究室の活動に戻りつつあります。